霖雨の森にて、

独り言を、

ボカロを漁ること

これはまだ私がボーカロイドというものに触れたばかりの時の話。

ニコニコ動画ボーカロイドを聞いていた。

先輩に借りたCDの歌詞カードをコピーして、何度も何度もその曲を調べて聞いた。

その中で、鏡音レンという存在にハマり、検索で鏡音レンと調べ、再生数順で上から聞いていった。

良い曲があればマイリストに入れたり、マイリストがいっぱいになれば一期一会だと何かを犠牲にしたり。

ある程度聞いてから再生数を上から聞くことに飽き、今度は投稿日順で聞いたりしていた。

 

タグも色んなものを回った。

切ない恋愛だったり、UTAUにハマってUTAUを漁ったり、とにかくタグの巡回ばかりしていた。(何故)

 

それと同時期に歌い手、もっと言えばネタい手にハマり、替え歌を聞きまくったり、元の曲を聞いたりを繰り返していた。

 

友達がいらないと言ってくれたウォークマンに入ってる曲も多大なる影響を与えている。

これには千本桜が流行る以前の曲も沢山入っており、古いボカロを知るきっかけになった。

 

その後紆余曲折を経て、歌い手にしっかりハマったり、ボカロPで聞くようになったり、Nico Boxに救われたり、YouTubeにしか上がっていない曲を知ったり、非ボカロを聞くようになったり等、私の音楽は広がり続けている。

 

音楽って本当に広すぎて、新しい曲を聴いても聴いても新しいものが日々投稿されて知らない世界がいっぱいあって本当に楽しい。

 

ボカロを漁ることは、生活の一部。

ベイブレードの思い出

ベイブレードは本当にドンピシャの世代で、コロコロをめちゃくちゃ買ってる時だった。

さそり座だからスコーピオンを買って、ガチャガチャで色んなパーツ集めてもう一個作って、スタジアム買って、くっつけるとポイントが行き来する戦う用のやつを買って、全て揃えてベイブレードをしていた。

 

1人で

 

そう私はベイブレードを1式揃えたのにも関わらず、一緒にやってくれる友人も兄弟をいなかった。

だから、1人で2つ回し、1人でポイントを行き来させ、1人で遊んでいた。

 

1人でベイブレードに明け暮れていた私に、ある日素晴らしい情報が入った。

 

f:id:lingaiziyrk:20220404164842j:image

 

1人で遊べるベイブレードが出たのだ

 

しかもおまけのケツァルコアトルがかっこよすぎてねだって買ってもらった。

 

これが最高に面白かった。

1人で無限に遊んでいたし、ついてきたケツァルコアトルをカスタムでバラバラになったコマと戦わせて強えかっけぇしていた。

なんなら、ベイブレードは買ってもらえないけどゲームなら買って貰えた友達とゲーム内で一緒に対戦した。

人生で初めて友達とベイブレード出来た。

 

本当にこのメタルファイトベイブレードには感謝しかない。

 

ありがとうベイブレード

ありがとうDS。

ありがとう付き合ってくれた友人。

 

ちなみに、一人で遊んでいたエピソードは挙げだしたらキリがない。

ポケモンカード、デュエマ、爆丸、ビーダマンetc…

 

ということで、

みんなは一緒にベイブレードしてくれる友達がいるかい!?

家に篭ってフォートナイトばかりしていないで、誰かの家に集まって(感染症対策はしっかりしてね!)ベイブレードしよう!!!

絶対楽しいしいい思い出になるぜ!!!!

 

 

 

 

ボカロ100選を作ってみた話

私はボカロ曲を聞くようになってかれこれ8年だか9年だかになると思う。

そんな私が最近Twitterでよく見かけるボカロ100選を作ってみることにした。

いざ作ろうとマイリストを作り、では最近聞くプレイリストから何曲か選ぼうと拾っていると、このボカロPはもっと別の好きな曲があったとその人のマイリストを漁り、漁るとこれも好きだしこれも好きだとどんどん増えていき、あっという間に100曲になってしまった。

 

しかしまだまだ入れたい曲や入れたいボカロPがいるぞとその後も漁り続け、その度に切腹の気持ちで何曲か抜き、なぜ全部最高なのに100に絞っているのだろうかと本末転倒なことを考え始める始末。

 

そんなこんなで完成したボカロ100選はTwitterに公開したが、実質身内2人しかフォロバしてないアカウントのため特に誰に見られることも無い。

ということで、いも男爵さんが運営している100選wikiというものに応募してみた。

そのwikiでは、他に登録してる人と被ってる曲を教えてくれたり、被ってる数が多い仲良くなれそうな人を教えてくれたり、結構ボカロ好きとしての輪が広がっていきそうな作りになっていてとても良い。

 

そもそもいも男爵さんがYouTubeにあげている動画が、有名な曲だけでなくコアなファンに人気がある曲も混ざっているボカロメドレーを何個もあげている人なだけあり、ボカロというジャンルをさらに好きにさせるための活動をしている人のような気がする。(適当なことを言ってしまい申し訳ないです)

実際私もこの人を知ってから、ボカロ曲の知識の幅が広がったし、私はまだまだ知見が浅いなと感じるきっかけになった。

 

最近はニコボックスのランキングを見るだけで、あまり新しい曲を取り入れようということをせず、好きなボカロPの新曲だけを聞く日々だったが、もっと積極的に色んな人のオススメやあまり聞いてこなかったボカロPを知ろうとするようになった。(結果、2000曲くらい入ったプレイリストが生まれ、暇な時無限に聞いている)

 

 

私の趣味の話でした。

Webアプリが作れない

 

プログラミングスクールに通って、卒業した。

自由に成果物を作れるところに通ったのだが、全然作れなかった。

2割くらいしか出来なかった。

これからは1人で作らなければならない。

なのに2割くらい。

あと8割を1人で作れるのかめちゃくちゃ不安だ。

 

やはり私は才能がないのだろうか。

就職できるのか不安である。

Webアプリが作れない

最近、将来に迷い続けている

 

中学の時から、目指し続けた職業があった

だが、いざその職業への就職を目の前にして、

私はその職業に就くための努力をしてきていないと気づいてしまった

 

 

そもそも、その職業に勤めようと思った理由も、特に明確にはなく、

最近よく考えていて思ったのは、別にほかの業種でもその条件は当てはまっていて、

わざわざその仕事を選ぶ必要はない

 

私は自分の知っている数少ない業種の中から、

これでいいやと適当に決めていた

だから、

その業種に思入れがあるわけでも

本当に詳しいわけでもなかった

 

 

最近、その業種は私の条件を満たしてはいるが、

もっと満たしている仕事がいくらでもあり

そっちのが魅力的だと気づいた

 

もう遅いだろうか

そんなことはないのだろうか

 

 

就職してもいいのだろうか

こんな私が

YouTubeの話

 

最近、YouTubeに動画を投稿し始めた。

もう2ヶ月が経つから最近では無いかもしれない。

私の好きなポケモンカードやゲーム実況の動画を上げてはいるが、

やはりあまり動画は伸びていかない。

 

すっかりYouTubeが普及してしまったためあまり新しい人に寄っていくことはしないのかもしれない。

私も長らく同じような人達しかチャンネル登録していないし、初めて聞く名前がコラボ動画にいると見るのを躊躇ってしまうこともある。

やはり新しいものに入っていくというのは難しいことだなと感じる。

 

 

そうすると、やはりゲームの紹介や豆知識、考察などの動画は新規でも入りやすいのではないかと思う。

ここら辺のジャンルは比較的知らないチャンネル名の人でも見る。

しかし、こういう動画が伸びてもゲーム実況が伸びるとは限らない。

うーむなかなか難しい話ではある。

秋と街

今週のお題「秋の歌」

 

この春に引越し家を出たのだが、家が田舎だったこともあり、秋なのに虫の鳴き声がしない今の家が変な感じがする。

夜、寒くて寝れない夜は虫の声を聞いているといつの間にか寝落ちているものだった。

今聞こえるのはバイクや車の走行音と別の部屋の生活音がたまに。その他はほぼ無音だ。

そう考えると田舎は夜は虫の音で騒がしく、一軒一軒が遠いので生活音もせず、人の気配がしない。それを居心地がいいと捉えるか寂しいと捉えるかで田舎で暮らせるかどうかが分かれそうだ。

私は居心地がいいと捉えるので、今の人の気配が常にしているこの街が少し息苦しい。

公園の周りにもたくさん家があり、窓がこちらを向いている。たくさんの人が歩いていたり話していたりする。人の生活がすぐそばにある。

あまり慣れない。